バイクを売る方法に一番ベストなのは買取専門業者に売ること

バイクを売る方法で一番ベストなのは買取専門業者に頼むのがベスト

 

バイクを売る方法として考えられるものをあげると主に「知り合いに売る」、「オークションで売る」、「バイク屋に売る」、「買取専門業者に売る」の4つがあります。

 

どれもバイクを売る手段としていいと思いますが、一番おすすめできるのは買取専門業者で売る方法だと思います。

 

なぜ買取専門業者で売るのがいいのか?
その理由を、それぞれの売る方法のメリット・デメリットをあげながら説明したいと思います。

 

知り合いに売る場合

 

バイクを知り合いに売るメリットは、そのバイクが欲しければすぐにでもバイクを売り渡すことができることです。
バイクの売りたい価格を知り合いと相談して問題がなければ即決で売ることが可能です。

 

ただバイクを他人に譲り渡した場合、名義の変更や車庫証明の変更などの手続きが必要ですが、これは譲り受けた人も協力してくれないとできません。

 

それらの手続きが終わるまでは引き渡さないことにすればよいのですが、知人同士だと先にバイクを引き渡してしまい、時間があるときに手続きをしてもらうということになることが多いです。

 

車両の名義が自分の状態で事故を起こした場合、
所有者である自分にも責任が負わされる場合があります。

 

このようにバイクを売った後のこともしっかり考えておかないといけないのでとくにバイクの手続きについて詳しくない方については知り合いに売るのはあまりおすすめしません。

 

 

オークションで売る場合

 

ヤフーオークションなどのオークションは高値で売れる可能性があるのがメリットですが、こちらも個人同士の取引ゆえのトラブルがよくあるのでお勧めできません。

 

例えば引き渡した後に故障した場合、その原因が自分の手元にあったときに生じたものでなくても、相手は元所有者のあなたにクレームを言ってくる可能性があります。

 

また高値で売れる可能性はありますが、あくまで可能性だけであって高く価格を設定していた場合になかなか売れないという売れ残りの状態になってしまうことも多々あります。

 

かといって安い金額で出してしまうと、思ったより金額が上がらずに損をしてしまうということもあります。

 

 

バイク屋さんに売る

バイク屋さんに売るのはバイクを売る流れのなかで一番王道だと思います。
バイク屋さんにバイクを売れば廃車手続きや名義変更などの面倒な作業は全部代行してやってくれます。

 

しかし気を付けないといけないのは、バイク屋さんの買取はいたって安いです。

 

次にバイクを新しくバイクを買う場合の下取りだとバイク屋さんは買取金額を頑張ってくれますが、そうでない場合では、店舗に並べて売れるまでのリスクまでを考えたりした結果買取金額は安くなる傾向になります。

 

 

バイクの買取専門業者で売る場合

 

バイクの買取専門業者はバイク屋同様にきちんとした手続きもやってくれるので、売った後に他の人にバイクを転売されるとしても前の所有者は買取業者となりますのでトラブルに巻き込まれる心配がありません。

 

また買取価格についても、買取したバイクはすぐにバイク業者専用のオークションでバイクを転売したりするため在庫を長期間確保することがほとんどなく、無駄な保管コストを省いた分、高価な買い取りをしてくれます。

 

高価買取・面倒な手続きの2つをなんとかしたいのならバイク買取専門業者が一番いいと私は思います。

 

 

 

バイクの買取専門業者の中だと知名度・買取価格・オペレーターの感じを考慮したところ私は一番バイク王のスタッフの態度がよく買取もよかったです。

 

ちょっとバイクを売ろうかなと考えている方は、まずどのくらいの金額で売れるものかを把握するために無料オンライン査定をやって見るといいと思います。

 

バイク王のオンライン査定にて愛車の買取金額を調べてみる(査定無料)