ローンが残っている状態でバイクを売ることができる?

ローンが残っている状態でバイクを売ることができるのか?

 

バイクを購入するにあたっては何十万とする買い物になるので、ローンを組んで支払いをする人も多いと思います。

 

購入するときはいいのですが、バイクを売るときにはローンが残っていると困ったことになります。

 

なぜならローンを組んでいる時点でバイクの所有権が購入した本人ではなく、販売店やローン会社になっているので自分勝手に売ることができないということになります。

 

ローンを完済するまでは持っているバイクは自分のものではありません。

 

ですがバイク買取専門業者にバイクを売る場合ではローンが残っていても大丈夫なようローン会社に手配をしてくれるので通常通り売却はできるようです。

 

ローンの残り金額とバイク自体の買取価値によって処理が異なるのでそれぞれのケースを見てみましょう。

 

 ローンの残り金額よりバイクの価値が高いケース

 

 

ローンの残り残高が5万円。バイクの買取査定額が15万円。

 

このような場合はバイクの買取査定額からローンの残り残高をひいた金額。

 

すなわち10万円を売却代としてもらうという感じになります。

 

ローンの完済処理は代行して買取業者がやってくれるように思います。

 

 ローンの残り金額よりバイクの価値が低いケース

 

 

ローンの残り残高が20万円。バイクの買取査定額が10万円。

 

このような場合はバイクの価値以上にローンの残債が大きいため、バイクの買取額を差し引いた残りのローン金額、すなわち10万円を一括で支払うか再度少ない金額でローンを組みなおすかという選択になってきます。

 

バイクを売ったとしてもお金が貰えるわけではなく、どちらにしても支払いをしないといけないので注意が必要です。

 

まとめ

 

ローンが残っている状態でもバイクは売ることができます。

 

ローンの残債よりバイクの売却金額が高いときはなんら問題がありませんが、ローンの残債がバイクの売却金額よりも上回る場合は、支払わないといけない金額が減るだけで、残り分はきっちり支払いをしないといけないので注意しましょう。

 

ローンが残っている状態で売る場合はバイクの買取金額がローンの残債より大きいときに売るのがシンプルで分かりやすいと思います。