バイクを売るときに修理すると損をする

バイクを売るときには修理はしないほうがいい

バイクを売るときには修理はしなくていい

 

この記事タイトルにもしているように、

 

バイクをこれから売るとなった時には改まって修理はしないほうがいいです。

 

 

 

えっ?壊れているバイクをそのまま売るなんて買取金額が下がるばかりじゃないの?

 

って思う方もいるかもしれませんが、

 

改まって修理をしたとしてもそれほど買取金額はあがらないので、修理をするとかえって損をするのでやらないほうが得策です。

 

 

 

どういうことか例をあげていうと、修理をしたことによって買取金額が1万円あがったとしても修理に必要だった金額として1万5千円がかかるというような感じで、買取よりも修理の出費の方が結局高くつくというケースがほとんどです。

 

 

バイクの買取専門業者は専門の修理工場やパーツなどの在庫などを持っていたりするので、一般の人が修理をする費用よりも格安で安く修理をすることができます。

 

 

まとめ

 

バイクをこれから売るのなら壊れている箇所があったとしても修理はしないほうがいいです。

 

修理をする方が買取金額があがるよりも返って直す費用の方が高くつくことがほとんどです。

 

 

ただバイクメンテナンスの知識や工具をもっていて、かつ修理に必要なパーツを保管していて自分で直すことができそうなら前もって修理しておく方がいいと思います。

 

 

バイクメンテナンスの知識や工具がない方は、改まって直す必要はないと思います。

 

 

壊れている部分があって買取金額が下がってしまうのはしょうがないと納得して売却するようにしましょう。