純正(ノーマル)の方が高く売れやすい

バイクは純正(ノーマル)の方が高く売れやすい

バイクは純正(ノーマル)の方が高く売れやすい

 

バイクを所有していると、ウインカーやマフラーなどいろいろ改造する方がいるかもしれませんが、

 

バイクを売るときにおいては純正(ノーマル)状態が一番高く売れるといってもいいです。

 

 

カスタム費用に100万円かけたとしても買取金額にたいして100万円プラスされることは絶対ないし、むしろ純正(ノーマル)の買取金額よりも下がってしまうこともありえます。

 

 

それだけ純正(ノーマル)状態には価値があります。

 

 

なぜそんなにも純正(ノーマル)状態に価値があるのかというと、それは、バイクに前オーナーの癖がついてなくて、バイクの初期状態で、一番そのバイクのニーズのある状態だからです。

 

 

自分のカスタムしたバイクの外装などが他の人にとっても大好きなものになるとは限りません。

 

 

カスタムすればするほど個性が強くなっていき、欲しい人はすごく欲しいけど、欲しくない人は全くいらないというような現象がおきてしまうようになります。

 

 

バイクを買取する側とすれば、買取をしてから新しい買い手を探す時に欲しい人の数が減ってしまうような車両だと、なかなか買い手が見つからずに売れず長期在庫保管というような状況にもなってしまう恐れがあります。

 

 

場合によっては、買取をしてから純正に戻してから販売をすることもけっこう多いです。

 

 

今が純正(ノーマル)状態のバイクを売るのならまったく問題ありませんが、カスタムしている車両なら買取査定額が通常よりも下がってしまう可能性があるということを覚えておきましょう。

 

 

カスタムしている車両の場合に、純正(ノーマル)パーツを持っているのならそのパーツを一緒につけて売るのもいいと思うし、自分で整備することができるのなら純正に直して売るのがベストだと思います。

 

 

まとめ

 

バイクは純正(ノーマル)状態が一番欲しい人のニーズが多く高く売れる。

 

 

カスタムするのならできるだけ純正(ノーマル)パーツは保管しておいて、売るときに直して売るか、パーツも一緒に引き渡しするといいと思います。

 

 

純正(ノーマル)パーツがない場合は、しょうがないので、わざわざ購入するよりかはそのまま売る方がいいと思います。

 

 

もしもバイクの原型がほぼないようなカスタムしている場合は、バイク屋や買取専門業者では高く売れないことが多いので、その場合はヤフオクなどの個人売買を自分で行って売る方がいいかもしれません。