シルバーウイング600(BC-PF01)買取相場

シルバーウイング600(BC-PF01)の買取相場はいくらか?

 

ホンダの大型スクーターモデルの代表格シルバーウイングを今売りに出そうと思ったらいくらくらいで買取してもらえるものなのか?

 

リアルな買取相場の現状に今回迫ってみます!

 

さっそくですが、シルバーウイング600の買取査定相場の現状は・・・・

 

だいたい10万円〜30万円程度とみておくといいようです。

 

低走行距離(4ケタ)で程度もいいとしたら35万円の査定も調べたときに出ましたが、たぶん30万円以上の査定額がつくのはごくまれだと思います。

 

平均の買取査定額で言うと10万円〜15万円。ぼちぼち走っていたり、程度もあまりよくなかったするとこれくらいの価格がリアルなところではないかなと思います。

 

ちなみに最新モデルのシルバーウイングGT600の方はまったく別物と考えた方がいいです。

 

買取金額は25〜50万円近くまで見込めるものとなっているので、価格の価値自体で言うと新しいGTの方が高いです。

 

GTは高回転域もしっかりセッティングされているのでスピードがしっかりでるし、新しい装備もしっかりされているので人気が高く買取が高いです。

 

 

 

 

シルバーウイング600とは?

 

シルバーウイングはホンダが2001年より製造販売する大型モデルのスクーターになります。

 

インジェクションを搭載して、並列2気筒の大型エンジンを搭載していることから中型クラスのビッグスクーターとはくらべものにならないほどしっかり走るのが特徴的です。

 

見た目の良しあしは好みがだいぶ分かれるとは思いますが、走りに関しては断然シルバーウイングがいいと思います。

 

ただこのバイク全体の新車が売れない状態にシルバーウイングも陥り2016年より新車生産が終了しました。

 

今はシルバーウイングがあるのは中古市場のみになります。